グレースブログ

仏具の豆知識 その2・リン

今月の仏具は、「リン」のお話です。

リンは先月御紹介した「木魚」と同様、音の出る仏具、「梵音具」の一つです。

その役割は読経の始まりと終わりを知らせるためのもので、その音色は空間を清め、

邪気を鎮める、ともいわれています。

リンの種類も様々ありますが、その一番大きな違いは「音色」です。

音色はそれぞれのリンの大きさや形状の違い、さらに製法、

混ぜる成分の比率の違いでも音が変わってきます。

では、リンは何で作られているのでしょうか。

大半のリンの主原料は真鍮(しんちゅう)という銅と亜鉛の合金です。

それに混ぜる金属、比率などで音色が変わってきます。

ちなみに真鍮は黄銅とも言い、5円硬貨の素材としても使われています。

また、リンの音色で大切なのは鳴らした後の余韻です。「リーン」と鳴らした後の

余韻が長く続くか、きれいに消えていくかも大事なポイントです。

さらにリン棒そのものや、たたき方によっても音は変わります。

リンは縁を上からたたくと良い音が出ません。

外側を横から打ち鳴らすか、内側を軽く叩き上げると良い音が出るようです。

 

リンの静かで優しい音色は、御先祖様を供養するだけでなく、

自分の心も落ち着いていくように感じます。

すばらしい彫刻の入った高価なものもありますが、決して値段にとらわれることなく、

高い音のもの、低い音のものそれぞれの音色を聞き比べてお好きなリン、音色をお探し下さい。

グレース共和の最新チラシご紹介します

  • 今月の豆知識
  • Q&A
  • 求人募集
  • グレースブログ
  • 共和グループ
  • 陽氣屋オンラインショップ
  • 進盟ルーム 白河店

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る