グレースブログ  月別アーカイブ:2014年7月

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい!-正しくつかっていきましょうの一席-

先日、小生にしては珍しくお昼ごはんにお弁当を買いました。

お金を払って、お弁当を受け取ると「ありがとうございました。」と

店員さんが言ってくれたので、思わず『ごちそう様でした。』と言ってしまった

そそっかしい江戸っ子店長でございます。

それとは異なるかもしれませんが、言い間違いっちゃぁあるもんで、

ここ数年で気になった言い間違えを挙げてみますと

○ジュラシックパーク→×ジェラシックパーク

○シミュレーション→×シュミレーション

○ブルース・ウィリス→×ブルース・ウィルス

○的を射る→×的を得る

カタカナに言い間違いが多いようで、ささいなことなんですが

妙に気になってしまいます。

本人はなかなか気付かないだろうし、ましてやいちいち指摘するのも

気が引けるしでなんともかんともどうしたもんだか・・・。

とはいえ小生も人様のことをとやかく言える立場じゃなく、

先日も同僚に

『如雨露(じょうろ)を使ってペットボトルに水を入れりゃぁ早いよなぁ。』

っていったら、

「それって、如雨露じゃなくて漏斗(じょうご)の事でしょ。」

ってご指摘をいただきました。。

45年間じょうろ、じょうろって言ってた(汗)

指摘してくれた同僚に感謝するとともに、今一度自分がいつも使っている言葉を

再確認してみようと思いました。

 

実はそもそも言い間違いが正解なのか、言い間違えが正解なのかもわからないので、

早速辞書で調べてみっぺ!

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい! -方程式の一席-

「いやぁぁ、たいそう立派なお墓をつくっていただいてありがとう。」

『いやいや、立派なお墓のご注文をいただいた

 こちらこそありがとうございます。』

 

お墓工事が完了すると、お客様にお引渡をさせていただきますが、

お客様に喜んでいただけると、こちらもうれしくなってまいります。

この仕事をしていて一番うれしい瞬間であり、

やりがいを感じる部分かもしれません。

 

やっていただいて=やらせていただいて

これが人間関係で一番大事なんじゃないかとつくづく思います。

この方程式が崩れると全てがうまくいかなくなるような気がします。

 

すべてのことに言えるんだと思うのですが、やっていただいて=やってやった

または、やらせてやった=やらせていただいたになると

人間関係が成立するどころか、しいてはトラブルの原因です。

たいていの場合この方程式が崩れているのでございます。

私等墓石屋であれば墓石工事をやってやるのではなく、

やらせていただくという気持ちでいたいものですし、

携わったお客様にはやらせてやったと思われるのではなく、

やっていただいたと言っていただけるような仕事を心掛けていきたいと思います。

グレース共和の最新チラシご紹介します

  • 今月の豆知識
  • Q&A
  • 求人募集
  • グレースブログ
  • 共和グループ
  • 陽氣屋オンラインショップ
  • 進盟ルーム 白河店

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る