グレースブログ  今月の豆知識

墓石の豆知識

お墓の値段は見当がつかないんだけど…。

一体お墓の値段はどのように決まるのでしょうか?

まず、敷地面積が大きくかかわってくるでしょう。敷地が広ければ柵も大きくしなければ

いけないでしょうし、重要な石塔もバランスを考えるとサイズアップが必要になってくるでしょう。

また、どのような石種を使うか、ということと、どのくらいの石の量を使うのか、ということが

価格を大きく左右する要素です。

石の値段は一般に白御影石→中間色→黒御影石の順番に値段が上がっていきます。

その中にはもちろん例外もあります。黒御影石よりもはるかに高価な白御影石もありますし、

白御影石より安価な中間色もあります。

これは、その石の硬度に比例するようです。

柔らかい御影石よりも、硬い御影石の方が加工するのに時間がかかります。

時間がかかるということは、それだけ手間(人件費)もかかり、必然的に値段も上がってくるわけです。

また、その手間賃自体が安ければ値段は抑えられます。

中国加工の御影石が安価な理由はそこにあります。

逆に国内加工が高価であることも、人件費が大きく影響しているといえます。

このような理由で今や国内産の御影石も中国で加工したものを逆輸入している時代なんです。

とはいえ、昨今の中国経済の急激な成長からその加工費も上昇しているため、

墓石の価格上昇は避けられないでしょう。

石の価格も様々な国際事情の影響を受けてしまいますが、そんな中でも良質な石をご提供し、

お客様の御要望にお応えできるよう、今後も努力していきたいと考えております。

 

ペット供養の豆知識

今やお墓は人間だけのものではなくなってきました。ここ数年特に目をひくのがペット霊園です。

ペットも大事な家族の一員なんだからお墓を造って回向してあげたい という方が増えてきています。白河にもペット霊園があり、そこでは火葬・葬儀も行えれば、墓石建立のための霊園も整っています。今やお墓は人間だけのものではないのです。

とはいえ、昔からペット(家畜)に関するお墓は存在していました。その代表的なものが『馬頭観音』です。これは自然石の正面に『馬頭観世音』と彫刻した石碑のことで、墓地の入口に建立されていたり、単体で祀られていることもあります。また、最近では競馬場の近くに祀られていて、レース中に亡くなった馬などの供養に用いられている場合が多いようです。

さて、では万が一家のペットが亡くなった時はどうすればいいのでしょうか?ペット霊園など、火葬・葬儀をしてもらえる所に連絡をし、葬儀方法や先々の供養方法も考えておきましょう。亡くなったペットは絞ったタオルなどで拭き清めてあげ、布団やタオルなどの上に寝かせてあげてください。このとき枕を敷いて頭を上げて寝かせてあげると良いでしょう。火葬するまでに傷まないように冷やしてあげてください。

ペットも家族の一員として「最期を迎え旅立った後も安らかに眠ってほしい」そんな飼い主さんが増えてきています。

お線香の豆知識

皆さんはお線香のルーツを知っていますか?

お線香は西暦595年(聖徳太子の生きていた時代)、淡路島に沈香(じんこう)という香木が流れ着いたのが始まりといわれ、島民がその木を焼くと良い香りが辺り一面に広がりました。
その香木は朝廷に献上され、聖徳太子が観音像を作ったとされています。今も淡路島ではその香木が御神体として枯木神社(尾崎)に祀られています。
その後、様々な香木が中国からはいるようになってきましたが、聖武天皇の時代、東大寺正倉院に納められた有名な香木「蘭奢待(らんじゃたい)」もその一つです。これは後にその名香さゆえ、足利義政や織田信長などの時の権力者にその一部が切り取られています。

お線香の歴史は現在でも中国や台湾で使われる竹を芯とした「竹芯香」に始まるとされ、日本へは十六世紀末の天正年間にその製法が伝わったといわれています。
お線香の原料として「伽羅(きゃら)」、「沈香(じんこう)」、「白檀(びゃくだん)」などが有名ですが、一つくらいは耳にされたことがあるのではないでしょうか。
線香を炊くということは、良い香りを仏様に献上する、という気持ちと、供える人にとっても「己の汚れを清浄する」という作用があり、香りを楽しむということはこの上なく心を豊かにし、大変意義深いことです。私たちが日々の暮らしの中で永年培ってきた習わしでもあります。

香木は高価で貴重なので、少しでも香りが長持ちするように、と工夫されたものがお線香です。

3 / 3123

グレース共和の最新チラシご紹介します

  • 今月の豆知識
  • Q&A
  • 求人募集
  • グレースブログ
  • 共和グループ
  • 陽氣屋オンラインショップ
  • 進盟ルーム 白河店

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る