グレースブログ

お店からのお知らせ

店内では、お盆用具の販売が始まりました。

新盆のための回転灯や行灯、戒名提灯など各種取り揃えております。

6月1日(日)の新聞折り込みチラシも是非ご覧ください。

スタッフ一同心よりご来店お待ち申し上げております。

 

新聞折り込みに先駆けて、ホームページ上で広告を公開しています。

クリックしてご覧ください。

オモテ 

ウラ

なお、お電話によるご予約も受け付けております。

お気軽にお電話ください。

0120-48-2660

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい! – 当ブログ史上最もどうでもいい噺の一席 のプロローグ

ここんトコ工事現場の関係で車での移動距離がやたらと多いのです。

もちろんありがたいことです。

そんな時小生はいつもラジオを聴きながら運転してるのでございまして。

先日もラジオから「運動をするとは自分のかして運気を上げることなのよぉ。」

ってな話が流れてきて

『ん~、確かに!運動とは運を動かすと書いて運動だぁ!』っと妙に納得してしまいました。

『只今運転中。わたくしただいまがしておりまぁす。』などと得意のひとりごとを言いながら

運転していますと車の窓が全開だったことを忘れていて、となりで信号待ちしていた車の人と

目が合ってしまいました(汗)

 

そんなこんなで、ふとメーターに目をやると、

なんと!!我が営業車にXデーが近づいております。

  

なんだかソワソワしてしまいもう一枚っと

 

 

 

来月いよいよXデー写真掲載です。

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい! – 解釈いろいろの一席 –

以前、地元で何かと大変お世話になっている方丈様の説法で忘れられない話があります。

 

「人が亡くなった時に息を引き取る、という言い方をするけど、

亡くなった方の息を誰が引き取ると思う?」と聞かれました。

突然のことだったので冷や汗をかきながら無い知恵全開で絞り出した答えが、

『お釈迦様ですかねぇ』でした。

方丈様はちょっと微笑んだ後、

「亡くなった方の息というものは、残された家族が引き継ぐんですよ。」

とおっしゃいました。

「その方の、つまり大きく言うと生命、生きてきた全て、生き方や仕事、

土地や家などの財産を残された家族が引き継ぐんですよ。」と説いていただきました。

その説法が忘れられず、たまに、いかにも自分の言葉のように

知ったかぶって人に説法なんかしたりしています。。

 

辞書で息を引き取ると引けば息が絶える。死ぬ。という意味になるかもしれませんが、

言葉には様々な解釈があり、こんな深い意味もあるんですね。

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい! -満開全開の一席

 

 

いや~忙しいのでございます。 

毎日バタバタなのであります。 

春のお彼岸が終わり一段落かと思えば息つくシマ(・・)もなく『あっ』という間に

工程表がビッシリ埋まってしまいました。ありがたいことですが・・・

 

『お寺様にごあいさつ。っと、ん、こっちの霊園に工事着工の届けまだ出してないわ。

何してんの俺。あっ!現場確認今日だったぁ!!』ってな具合です。

墓石工事全開なのでございます。

そんな忙しい今日この頃、あるお寺の境内でふと目を上にやると

桜の花が咲き始めておりました。

遅ればせながらみちのくでもついに桜が開花したのであります。

『満開を待って写真撮っぺ』って思ってたら、若干散りはじめて

しまいましたが(尚且つ空曇ってるし)

何枚か撮ってきましたのでご覧ください。

 

注)わたくしはあくまで墓石屋であり写真家ではございませんので

写真に対してのクレームは一切受け付けできません。。

 

↓ 白河の有名な観光スポットである南湖にて。

 

 

↓ 同じく観光スポットの小峰城。 

 

↓ 市内最大の霊園、羅漢山霊園にて。

 

 

 

 

 

 弊社でご建立いただいた墓石の立体彫刻でも桜は一番人気で

多くのお客様が刻まれています。

 

          

         

          

 

今月の豆知識-意外な仏教用語

もうすぐ春のお彼岸です。

「お彼岸」という言葉は、悟りを開いた極楽浄土の世界を意味する仏教用語です。

仏教用語というと宗教的な特別な印象を持ちますが、実は私達が日常的に

使っている単語にも仏教に関連した言葉がたくさんあります。

今月はそんな“意外な”仏教用語をご紹介したいと思います。

 

 <仏教用語の一例>

 『愛』『挨拶』『あばた』『有難い』『一期一会』『印』

『有頂天』『うろうろ』『縁起』『億劫』『看病』『冗談』

『上品』『大丈夫』『脱落』『旦那』『内証』『皮肉』

『不思議』『退屈』『独りぼっち』『知識』『利益』『無事』・・・

等々、馴染みのある言葉が多いですが、

この中から気になったものをピックアップしてみました。

 

『うろうろ』

 「うろうろする」とよく言いますが、意味はあてもなく

あっちこっちに動き回ることです。

「うろうろ」を漢字で書くと「有漏有漏」となり、「漏」とは「煩悩」、

つまり「煩悩がある」という意味になります。

長い人生、人はあれこれと迷い、決断できずに苦しむこともあると思います

そんな時でも自分の行くべき方向をしっかりと定め、うろうろせずに

進んでいくことが大切だということでしょう。

 

『看病』

 病人に付き添って看病することですが、これも仏教からきた言葉です。

病人を看護することは仏教では重要な行いだったそうです。

ちなみにこの「看」という字は「手で触れて、目で見る」と書きます。

また、医療が発達していなかった頃の治療は、手を病人の患部に当てて

直していたそうです。

治療のことを「手当て」と言うように人の手には強いパワーが秘められて

いるのかもしれません。

 

仏教用語に限らず、語源を調べると言葉に込められている意味の深さに

気付かされます。

普段何気なく使っている言葉も、その意味を考えながら大切に使いたいものです。

  • 今月の豆知識
  • Q&A
  • 求人募集
  • グレースブログ
  • 共和グループ
  • 陽氣屋オンラインショップ
  • 進盟ルーム 白河店

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る