SDGs

共和建商はSDGsに取り組んでいます

SDGsとは2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

リサイクル資源を有効活用し子供支援活動をしています。

社内で資源ゴミを分別。発生した鉄くずなどの資源ゴミを資産に変えています。また、不要になった車両も同様に資産に変えています。

得た資産を子ども食堂への寄付や交通遺児激励金、そのほか子ども支援の事業に寄付しています。

様々な事業分野での自己開発と能力開発に取り組みます。

社員研修や社員教育を通じて、従業員の自己開発および能力開発の向上をサポートします。
協力業者との連携で技術講習会を開催します。