グレースブログ

江戸っ子店長のひとりごとだっぱい! -さりげなくあたたかいの一席-

「なんだい。これから納骨けぇ。暖かくなっていがったなぁい」

『ホントですよ。今朝なんかも寒かったからどうなるかと思って。

納骨フタが凍りついてたら大変なので、お湯持ってきたんですよ。』

「あらそうけぇ。うちでも何かあるといけないから、ほれ見てみぃ。」

たまたま居合わせたおじいさんが笑顔でヤカンを差し出しました。

「お湯余ったからよかったら使うかぁい?」

『ありがとうございます。こちらもたらふく持って来たので

お気持ちだけいただいときます。』

「そうかい。じゃッお先になぁい」

と、その心優しいおじいさんは車に向かって歩き出したのですが

2・3歩行ったところでお墓に戻ってきて

「最近すっかり寒くなったケド風邪ひくなよ。また来っかんなぁい。じゃぁな」

といって帰っていきました。

多分亡くなられた奥さんへの言葉なのだと思いますが。

なんだか解らないのですが、聞いてるこちらがジ~ンときちゃって。

まさにこれこそが、お墓の有り方!とでもいいましょうか。

おじいちゃんにとっては墓石が亡き奥さんそのものであって

だからこそ自然な振舞いで話しかけられるのであって。

 

昨今、様々な供養形態があり跡継ぎの問題などで、合葬の永代供養塔などを選ばれる方が

大変増えてきましたが、永代供養塔の場合は今日出会ったおじいさんのようなお墓参り。

って訳にはいかないような気がします。

決して永代供養塔を否定しているわけではありません。

それぞれの供養形態があって然るべきなのですが、あのおじいさんの何気ない一言が

あまりにも心に響いたもので。

お墓の良さ。またお墓参りの良さを改めて感じました。

 

『どれッ彫刻部分が汚れてるから、ちゃっちゃか掃除しちゃうべ』

「どうも店長。集まりがよかったので始めちゃおう。ということで早めに来ました。

本日はよろしくお願いいたします。」

『あらッ、そうでしたか。おはようございます。

こちらこそよろしくお願いいたします。随分とお早いことで。』

どうしよう・・・彫刻部分(汗)

カテゴリー

  • オンライン接客
  • Q&A
  • 求人募集
  • グレースブログ
  • 共和グループ
  • 陽氣屋オンラインショップ
  • 進盟ルーム 白河店

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る