墓石

墓石の基礎知識

お墓の一般的名称

お墓には、各部分にそれぞれ名前があります。それを知っておくだけでも、納得の行くお墓選びに大変便利です。一般的なお墓の名称をご紹介します。

kiso_01

一般和型

位牌を模した形からできあがってきたものです。江戸時代中期以降に形づくられました。
構成は、竿石(仏石、石碑など)、上台、下台の二重構造が一般的です。
竿石には様々な加工様式があります。

kiso_02

洋式

戦後一般的になった形です。仏式神式などの宗教にとらわれない碑としての形です。オルガン型墓石とも呼ばれています。外人墓地にある芝墓地にある一般的な墓石が模倣されています。

kiso_03

五輪塔

五輪塔は平安時代後期より建立され、鎌倉時代に一般的になりました。
密教において、空・風・火・水・地は物質を構成する五つの要素であり、「五大」と言い、「五智輪」、「五輪」とも言います。

kiso_04

無縫塔(卵塔)

台座の上に卵形の塔身を建てたものです。おもに僧侶墓として建てられます。

kiso_05

宝篋印塔(ほんきょういんとう)

本来は、善をたたえ悪をさえぎるという「陀羅尼経」をおさめた塔でした。

kiso_06

お問い合わせ[TEL:0120-48-2660]

このページの先頭へ戻る